トップページ

これからの講義

これまでの講義

本学の概要

会場案内

お問い合わせ

NPO法人 小金井雑学大学

平成20年度〜24年度講義

237回講義 「万葉集の七夕物語」 高樋信也氏

旧暦七月七日の晩、七夕についての中国の伝説や日本・中国の七夕行事の比較、七夕を詠った漢詩と万葉和歌を紹介され、解説されました。また、教授が万葉七夕歌十二首を選び四幕のオペラ仕立てにされ、参加者が月人(教授)、彦星(男)、織女(女)の役で和歌を唱和し七夕のロマンを味わいました。

240回講義 「中島飛行機武蔵野製作所と空襲」牛田守彦氏

戦争体験の無い教授が日本の国立国会図書館憲政資料室に収められている米国戦略爆撃調査団の資料(報告書や写真情報)に基づき、中島飛行機武蔵野製作所周辺の空爆状況を攻撃側の意図と損害体験(上空の論理と地上の体験)という観点から整理され戦争を次の世代に正しく伝えることが大切だと話されました。

266回講義 「西欧史講座第5講」 兵頭 信彦氏

教授の講義は、この回で14回をむかえました。四世紀からのキリスト教の分離、対抗、社会の支配権を巡っての争いの歴史を、朗々と語られ、西洋史に興味をもたされ、次回の講義も期待感を抱かされました。

276回講義 「疾風怒涛の長寿社会を生き切る」 高見澤 たか子氏

夫の介護の経験から、社会をより良くするには、発言していくことが大切であることを語られ、また、仲間とのつながりを大切にすることが大事であると、身近なエピソードを交えたお話に場内の感動を呼びました。

319回講義 「毛筆で書を書く楽しみについて」 川上梨亭氏

 

川上先生の講義は、中国の書から日本の書へと、書を見ながらお話されました。書体の多様さとおもしろさ、書の美しさに感心させられました。講義の最後に何人かの学生が実際に書に挑戦し、朱を入れていただきました。いつもと違う講義を楽しみました。

344回講義 「川崎平衛門について」 馬場 治子

 武蔵野の川崎平衛門は、治水や作物育成の技術に明るく、経済や資金運用にも強く、農民の生活向上に力を注ぎました。その能力を買われて石見銀山の代官に抜擢されました。

 地元の平衛門の話とあってたくさんの方が聴講され、馬場先生のお話に時間を忘れて聞き入ってました。

平成20年度

231

46

『中高年の海外旅行の楽しみ方』 近藤節夫氏 (旅行ジャーナリスト、日本ペンクラブ会員)

232

420

『医療崩壊をくいとめたい』 松島善治氏 (元東京医科歯科大学助教授)

233

54

多磨霊園に眠る著名人の墓を尋ねる(その3) 仙石 善四郎氏(元会社役員)

234

518

『西洋史講座第2講ー帝政ローマの変遷ー』 兵頭 信彦氏(元都立西高校校長)

235

61

『知っておきたい介護のイロハ』 石渡 孝子氏 (介護福祉士、社会福祉士)

336

615

『幸せをもたらす、住まいと家族のあり方』 守屋 辰雄氏(NPO法人幸せな家庭環境をつくる会)

237

76

『万葉集の七夕物語』 高樋 信也氏(自然観察会幹事)

238

720

『一生役立つ!片付け方の極意』 深谷 ミエ氏(住まいのアイディア塾塾長、生活研究家)

239

83

『外来語の乱用による日本語の乱れ』 横尾 和歌子氏(元立教大学教授)

240

817

『中島飛行機武蔵野製作所と空襲ー米軍資料を中心にー』牛田 守彦氏(武蔵野の空襲と戦争遺跡を記録する会幹事)

241

97

 

『東小金井駅北口区画整理事業ーいよいよ動き出す街づくりー』高橋 智氏(区画整理課長)

小金井市まなびあい出前講座

242

921

 

『世界一周、海にみる日本人の足跡ー漂流民、人間模様ー』中村 孝氏(元通訳官、吉祥寺村立雑学大学講師)

243

105

『お茶って、お茶目ー今時の高校生と茶道ー』 佐野 祐美子氏(表千家茶道教授、池坊華道家元教授)

244

1019

『生活を豊かにする庭のデザインと楽しみ方』 水沼 むつみ氏(一級建築士、京都造形美術大学講師)

245

112

10周年記念講演『生涯学習とまちづくりの交差点』榛村 純一氏 (元掛川市長) 

シンポジウム『地域での可能性を探る』牧山助友氏、瀬沼克彰氏、向井一身氏

246

1116

『西洋史講座第3講−ローマ帝国とキリスト教ー』 兵頭 信彦氏 (元都立西高校校長)

247

127

『日本の城ーその歴史と魅力ー』 野田 稔氏 (基建設会社勤務)

248

1221

『懐かしい童謡・唱歌・叙情歌を楽しむ』 桂 雅代氏 (声楽家)

249

118

『孔子とはいかなる人かー「論語」と「詩経」の記述をめぐってー』 田部井文雄氏(元千葉大学教授、前小金井雑学大学学長)

250

21

『万葉集に見る正月の歌』 高樋信也氏(自然観察会幹事)

251

215

『中東和平と日本』 原 芳道氏(日本イスラエル商工会議所理事)

252

253

31

315

『「アポロ」から「かぐや」までー宇宙を飛び交うテレビ電波ー』間宮章氏(元放送プロデューサー)

『暦の話−カレンダー、旧暦、お月さまー』 須知 正度(小金井雑学大学理事)

 

 

 

平成21年度

254

45

『心のバリアフリー社会の構築−車椅子から見た日本の福祉-』南雲 英一郎氏(小金井市生まれ、横浜市在住)

255

419

『今日における教育問題について』 鷲山 恭彦氏(東京学芸大学学長)

256

53

『西洋史講座第4講−ゲルマン人の活動とヨーロッパ世界の成立−』 兵頭 信彦氏           

( 元西高校長)

257

517

『地下水から野川の水量確保を考える』 川合将文氏 (東京都土木センター地下水担当)

258

67

『死とどう向き合うか』 孤島法夫氏 (真蔵院住職)

259

621

『大道芸七転び八起き』 源 吾朗氏 (大道芸能家)

260

75

『世界遺産の旅』 近藤 節夫氏 (エッセイスト、日本ペンクラブ会員)、

261

719

『人間賛歌!-地球一周の船旅ー』 矢間 秀次郎氏(小金井市環境審議会副会長)

262

82

『災害に備えて安全対策をー市の対策と自分でできることー』岩崎隆浩氏(小金井市総務部地域安全課)

263

816

『薪能へのいざない』津村禮次郎氏(観世流緑泉会会長、重要無形文化財能楽総合保持者)

264

94

『更生保護の歴史とこれから』 山代 弘道氏(元前橋保護観察所所長)

265

920

『御門訴事件と梶野・関野新田ー人権なき時代の農民の苦闘ー』

飯畑 幸男氏(武蔵野史談会役員)

266

104

『西洋史講座第5講−カソリック教会の発展と西欧中世の社会・諸国家ー』

兵頭 信彦氏 (元西高校校長)

267

1018

『苗字の話』 北原 邦雄氏(元出版社役員)

268

111

『老いて楽しく暮らす』 吉沢 久子氏(生活評論家)

269

115

『へそくりは誰のもの?こんな時どうする』 瀬戸川 久氏(元東京簡易裁判所判事)

270

126

『城めぐりの魅力』 野田 稔氏 (元建設会社役員)

271

1220

『弦楽器に親しむ』 小金井宮地楽器ストリングアンサンブル

272

117

『中国古代史の英雄−項羽・劉邦・韓信−』 田部井文雄氏( 元千葉大教授、前小金井雑学大学教授)

273

27

『もyたいないの精神と環境保全ー社会生活と包装・輸送・情報ー』橋爪文彦氏(元・会社員、物流業務担当)

274

221

『源氏物語よもやま話』 藤井 悦子氏(源氏物語を楽しむ会主宰)

275

37

『日本語の不思議』 得猪 外明氏(NPO法人神田座雑学大学理事)

276

321

『疾風怒涛の長寿社会を生き切る』 高見澤 たか子氏(評論家、ノンフィクション作家)

 

 

 

平成22年度

277

44

『楽しくみんなで若返りー呼吸法と気についてー』田中 幸夫氏(農工大大学院身体運動システム学洵教授)

278

418

『日本の百名山を完登氏てー山の愉しみと怖さとー』正田 篤男氏(元石油会社社員)

279

52

『西洋史講座第6-西洋中世社会の変動、十字軍と百年戦争ー』兵頭信彦氏(元西高校校長)

280

516

『今話題の江戸東京野菜』大竹 道茂氏(江戸東京・伝統野菜研究会)

281

66

『イラク・アフガン問題の原点』鈴木 紘司氏(NHk報道局アラビア語同時通訳者)

282

620

『最大の資源 水?』管野 善則氏(首都大学東京・産業技術大学大学院教授)

283

74

『世界遺産石見銀山と、その文化的景観』渡辺 辰朗氏(元会社員、島根県遣島使)

第284

718

『多摩の原始時代(旧石器時代〜古墳時代)-多摩の歴史シリーズ@ー 伊藤 富治夫氏(小金井市教育委員会・文化財係長)

285

81

『漢方の話-@漢方とはA知っておきたい漢方薬-』 松島 善治氏(日本脳神経外科漢方医学会理事、元東京医科歯科大学脳神経外科助教授)

286

815

『もっと原爆を知ろう』 木佐木 輝雄氏(元高校教諭)

287

95

『多摩の古代の息吹き(武蔵国府・国分寺造営前後)』-多摩の歴史シリーズA-江口 桂氏(府中市文化振興課文化財担当副主幹)

288

919

『中世武蔵野の開発と合戦(鎌倉時代〜戦国時代)-多摩の歴史シリーズB-小野 一之氏(府中市郷土の森博物館副館長)

289

103

『多摩墓地に眠る著名人の墓を訪ねる(その4)』 仙石 善四郎氏(元会社役員)

290

1017

『近世の武蔵野ー近世地域社会の成立、展開と近代への移行ー』 米崎 清実氏(江戸東京たてもの園学芸員)

291

117

『西洋史講座第7講−近代社会への胎動ー』 兵頭 信彦氏 (元都立西高校校長)

292

1121

『東京近郊・小金井のあゆみ(明治維新から昭和敗戦まで)-多摩の歴史シリーズD−

保坂一房氏 (()たましん地域文化財歴史資料室長)

293

125

『映像で見る小金井の変遷(小金井発展の3つの軸)-多摩尾歴史シリーズEー多田 哲氏(小金井市文化財センター学芸員)

294

1219

『アンサンブルを楽しむ〜小金井ギターコンサート』千葉ギター・アンサンブル 代表穐山秀夫氏

295

116

『中国古代人が描いた理想郷』 田部井 文雄氏(前小金井雑学大学学長、元千葉大学教授)

課外講義

130

『中央線高架化によって変化する小金井の駅周辺〜東小金井北口の街づくりは』 古川 弘毅氏(工学博士、元東京都建設局長)

296

26

『私のゴルフの楽しみ方〜いつまでも元気で楽しむには』 渡辺 恭秀氏(会社役員)

297

220

『名勝小金井桜の復活』 石田 精一氏(名勝小金井桜の会会長)

298

3 6

 『子どもたちの声があなたの耳にとどいていますか』 岡崎 忠彦氏 (元成蹊小学校校長)

299

320

『最近の食の安全問題と健康食品の安全性について』 大谷丕古磨氏(食品技術コンサルタント、小金井食育推進会議委員)

 

 

 

平成23年度

300

43

『私のメルヘン~絵と芝居の人生』米倉 斉加年

301

417

『相続税の大幅な改正と、相続をめぐる諸問題』 山本 武昭(税理事務所顧問)

302

51

『多摩の戦跡をたづねて』 木佐木 輝雄(元高校教諭)

303

515

『西洋史講座第8講〜宗教改革運動とその影響〜』 兵頭 信彦(元都立西高校校長)

304

65

『葬儀をめぐるあれこれ』 大森 康雄 (市内葬儀社代表)

305

619

『生涯学習の意義と環境づくり』 長坂 寛 (小金井雑学大学学長、経営学博士)

306

73

『立体のもつ不思議な魅力ーそのあとどんな風に変わる?−』 横田 至明(TМA市民塾塾長)

307

717

『これからのエネルギー源を考える〜クリーンエネルギーか、火力か、原子力か〜』 正田篤男氏(元石油会社社員)

308

87

『人前で話すときの心構え』 金子 恭子(ディーブル代表、()公務人材開発協会理事)

309

821

『万葉の色とロマンの歌』 高樋 信也(自然観察会幹事)

310

94

『インターネットで楽しくコミュニケイション!』 水越 浩幸(有限会社ミズコシ代表取締役)

311

918

『旅・料理そしてお酒』 和田 烈 (松蔭大学准教授)

312

102

『災害に備えて安全対策を』小金井出前講座地域安全課 山田修平

313

1016

『補聴器のはなし』 尾上 正嗣 (NPO法人シニアSOHOむさしの理事、補聴器技術者)

314

116

NPO等と行政との実りある協働のために:生涯学習事業を中心に』 田中 敬文(東京学芸大学教育学部准教授)生涯学習フェスティバル・・東京生涯学習ネットワークとの共催

315

1120

『西洋史講座第9講−プロテスタンティズムの展開と反動宗教改革』 兵頭 信彦(元西高校校長)

316

124

『信頼性工学の立場から福島原発事故を検証する』 木幡 与四郎(元タイ国大学院教授)

317

1218

『楽器に親しむー小金井市民オーケストラノメンバーによるー』佐藤 剛 (チェロ奏者)

318

115

『日本人が残した漢詩・漢文』田部井 文雄 (元小金井雑学大学学長、元千葉大学教授)

319

25

『毛筆で書を書く楽しみについて』 川上 梨亭 (書道・画家)

320

219

『神様の初の子作りー古事記よりー』 玉川 千里(歴史愛好家、元会社社長)

321

34

『ビデオ四方山話』 陣野 秀明(日本アマチュア映像作家連盟監査理事)

322

318

『世界水戦争をの時代を生き抜くー狙われる日本の水資源ー』 有本 香(ジャーナリスト)

 

 

 

平成24年度

323

41

『一人暮らしの食事の工夫ー栄養も考えてー』雀部 かおり(料理家)

324

415

『歌って踊って日本中を元気に!-おっ母さんの役作りー』 天城 美枝(新生ふるきゃら 役者・演出助手)

325

56

『着物生活から生まれた、伝統のナンバ歩きの効用』 矢野 龍彦(桐朋学園教授、心身技術研究所所長)

326

520

『ヨーロッパ絶対主義(西欧)』 兵頭 信彦(元西高校校長)

327

63

『人工衛星による光通信』 高山 佳久(独立行政法人情報通信研究機構 ワイヤレスネットワーク研究所 宇宙通信システム研究室主任研究員)

328

617

『生活を潤すプレゼンテーションの効用』 長坂 寛(小金井雑学大学学長、経営学博士)

329

71

『日本は「世界のアトリエ」ー世界に類を見ない日本人の美意識』 國米 家己三氏(元産経新聞記者)

330

715

『青春の大伴家持をめぐる女たちの歌(鳥と草木の歌)』 高樋 信也氏(自然観察会幹事)

331

85

『カメラの歴史と上手な写真の撮り方』 山縣 敏憲氏(元会社役員)

332

819

『町内会での自主防災結成実践報告』 馬場 彬暢氏(本町三丁目役員) 五十嵐京子氏(小金井雑学大学代表理事)

333

92

『SPオリジナル盤で聴く昭和歌謡史』 落合敏也氏(元航空会社社員)

334

916

『エヴェレスト街道を行くートレッキングとネパールで考えたこと』 下田敏勝氏(日本金融学会会員)

335

107

『江戸蕎麦のうんちくと食べ方』三上卓治氏(NPO法人江戸ソバリエ協会会長) 石綿賢氏(江戸ソバリエ・ルシック、江戸蕎麦の食べ方名人)

336

1021

『その数なぜ使われる?-三、五、七などの由来や謎解きー』須知正度氏(小金井雑学大学理事)

337

114

『戦争と平和ードイツ兵捕虜と日本人との文化交流』 星 昌幸氏(習志野市職員)

338

1118

『西洋史講座第11講ーヨーロッパ絶対主義(東欧)』 兵頭 信彦氏(元都立西高校校長)

339

122

『松の廊下刃傷事件とその原因私説』 吉田 豊氏 (生涯学習インストラクター、古文書)

340

1216

『笑いと歌は元気の源ーマスター木村の爆笑トークショー』 木村秀穂氏(ミュージシャン兼カフェ

&ギャラリー・シャトー2F店長)

341

120

『李白を読み味わう』 田部井 文雄氏(初代雑学大学学長、元千葉大学学長)

342

23

『はじめての江戸川柳』小栗 清吾氏(江戸川柳研究会事務局長)

343

217

『ロシア、大陸への道』長屋 晃氏(元渋谷ロゴスキー専務取締役)

344

33

『川崎平衛門についてー武蔵野新田世話役と小金井桜・栗の始めも』

馬場 治子氏(府中市郷土の森博物館学芸員)

345

317

『日本と世界の美人伝説(化粧史)』石上七鞘氏(帝京平成大学教授)